イオン銀行カードローン審査の口コミ検証!真実はココに

イオン銀行カードローンは在籍確認の電話あり?審査否決は連絡なし?

カードローンの審査時に金融機関から申込者に対して行われているのが職場への電話で行われる在籍確認です。申込者は職場で周囲にカードローンの申込みが知られてしまうと考え、これを嫌います。

金融機関はこれを本人の確認の一環で行うため、なかなか無くすことはできず、イオン銀行カードローンの場合も原則としてこの在籍確認は行われます。

審査結果の連絡は可決でも否決でも行われますが、連絡方法が違い、可決の場合は申込み時間にもよりますが、当日中に電話で連絡されます。しかし否決の場合には連絡は郵送になっています。

また噂では在籍確認の電話が有れば審査は通ったと思って良いと言われろことが有りますが、本当にそうなのでしょうか。

在籍確認は必要?利用者が嫌がるのになぜ続けられるのか

カードローンも最近では様々な申込方法が提供されており、対面で本人確認が行えなくなっていいて、それを補うため行われていると言われるのが在籍確認です。

利用者としては借金は知られたくはないので、在籍確認の電話によって周囲に知られてしまうことが考えられるため、できれば止めて欲しいと考えている人が殆どです。

このため金融機関側も電話の際には周囲に分からないような配慮を行っていますし、最近では代替手段を用意して、条件次第では電話による在籍確認を行わないような方法を提供している場合も有ります。

在籍確認で何を確認しているのか

そこでまず在籍確認というものの内容をよく知らないという人も多いはずですから、在籍確認とはいったいどのようなものなのかを説明しておきましょう。そのためには審査での在籍確認の位置づけを知らなければなりません。

審査というのは各カードローンごとに審査基準が決められており、これに従って行われますが、この審査基準というのは金融機関や保証会社のノウハウに関わってきますから一切公表されていません。

しかし審査では通常次の項目について様々な角度から確認が行われていると考えられています。

  • 本人が申込んでいること(本人確認)
  • 返済してもらえること(返済能力の確認)
  • 信用できること(信用力の確認)

まず本人確認ですが、申込者が例えばブラックという状態になっている場合、お金を借りるためには自分名義では借入れは難しいため、誰かの名前を偽って申込むということが有り、そういったことを防ぐために行われます。

返済能力の確認はそもそも返済してもらえなければ、金融機関が損害を被ってしまいますし、信用力の確認は返済してくれるかどうか疑わしい人には貸せないため、それぞれ確認を行っているわけです。

それでは在籍確認は何の審査かと言うと、本人確認の一環で行われています。現在ではカードローンの申し込みを窓口で行うことは少なく、ほとんどが他の方法で行われます。

本人確認を行う場合、免許証の写しなどの本人確認のための書類を提出しますが、窓口の対面であれば確認ができますが、その他の申込方法の場合対面での確認ができませんから、もう一つ別の方法が必要になります。

そのもう一つの方法というのが在籍確認なのです。この確認は本人確認だけではなく、申込時に審査を有利にするために実際には務めていない一流企業を書いていると言ったことも防ぐことができ、金融機関としては外せない確認になっています。

ブラック
ローンの審査では信用力の確認が行われますが、その時に使われるのが信用情報と言われるもので、各金融機関が利用者との取引情報を格納したデータベースです。

この中には例えばローンの申込み情報や、返済状況、電気料金や電話料金などの支払い状況などの金融取引に関する情報が格納されています。

こういった情報の中には通常の取引情報の他に、支払いが滞納されていると言った事故情報も格納されています。

ブラックというのはこの信用情報に金融機関が問題視する情報が有ってどの金融機関に行っても審査に通らない状態を指した言葉です。

この言葉の由来はかつて信用情報にはブラックリストが有ってこのリストに名前が書かれると審査に通らないと言われたことから来ていますが、実際にはそのようなブラックリストは無く、情報は利用者ごとに格納されています。

利用者は嫌がっている!金融機関側の対応とは

しかし利用者のほうから考えれば、カードローンなどの借金についてはあまり周囲に知られたくないと考えているのに、その貸し手の金融機関から職場に電話が有ったのでは周囲にバレかねず、大いに迷惑です。

しかし金融機関としては説明したように外せない審査項目ですから、利用者が嫌がっているからと言って、止めてしまう訳にもいきません。このため金融機関のほうは迷惑は十分承知の上で在籍確認を行っています。

しかし嫌がられているのが分っているわけですから、金融機関側も周囲に知られないような対応を取っているのが普通です。

それはどんな対応かと言うと、電話で知られてしまう場合はどういう時かを考えてみると、最も知られる可能性が高いのが最初の名乗りであり、後はまず知られる契機になるようなものはありません。

そこで多くの金融機関の対応としては消費者金融は個人名で、銀行の場合には銀行名で電話が来ます。銀行であれば何も借金の電話とは限りませんから、銀行名を名乗っても構わないだろうということです。

ただし、これは一般的な話で、個々のカードローンでは対応が異なる場合が有ります。もちろん知られないように検討されていますので安心してください。

在籍確認を行わないカードローンも有る

ただし最近ではそれでも電話による在籍確認は困るという人も多くなってきており、ごく少数ではありますが、在籍確認を電話以外の方法で行っているカードローンもあります。

この場合、申し込み方法を限定して、在籍確認のために本人確認書類とは別に社員証の写しなどを提出してもらうなどの方法を取っています。

ただし電話による在籍確認を避けることができるカードローンはまだまだ少ないため、カードローンの選択肢が狭まってしまって良いものが選べない可能性も高く、最初からそういったところに限定しまうのはあまりお勧めはできません。

イオン銀行カードローンの在籍確認の有無?原則はあり!

イオン銀行カードローンでも原則としては在籍確認が行われます。それはいやだという人もいると思いますが、電話は周囲にイオン銀行からのものだとわからないように配慮されていますからそれほど心配する必要はありません。

電話も嫌だが何を聞かれるのか心配になるという人も多いようですが、金融機関は本人が在籍していることを確認するために電話しているだけですから。万が一にも申込者が答えられないようなことは聞きません。

このようにイオン銀行の場合、原則として在籍確認を行っていますが、中には在席確認が行われない例も有るので、必ず電話が来るわけではありません。しかしいつかかって来るかわからないという心構えはしておきましょう。

イオン銀行カードローンも在籍確認は行っている

まずイオン銀行カードローンの場合在籍確認が有るのかないのかですが、原則としてイオン銀行カードローンでも職場への電話で在籍確認が行われることになっています。

ただし電話では一般的な銀行のように銀行名を名乗ることは無く、消費者金融と同じように個人名でかけることになっています。したがってたとえ最初に自分が受話器を取らなくても、周囲は知り合いからの電話ぐらいにしか思いません。

イオン銀行が何故他の銀行のように銀行名を名乗らないかはわかりません。

しかしイオン銀行は他の銀行のような長い歴史を持っていませんから、口座などを持っている人が少なく、ローンの利用を連想させる可能性が有ると考えるかもしれず、それへの配慮なのかもしれませんね。

在籍確認で何が聞かれるの?

在籍確認で不安になる事と言えば、第一に周囲に知られたく無いという点ですが、第二は何を聞かれるのか、あるいは聞かれたことに答えられなければ困るといったことです。

そこで在籍確認でどのようなことが聞かれるのかと言えば、まずフルネームの確認が行われます。場合によってはこれで終わりです。目的が在籍の確認ですから、これで良いのです。

更に聞かれるとすれば、例えば生年月日などで、要するに申し込み時に記載した様な基本的なことしか聞きません。そうしないと聞いたところでイオン銀行側では確認できませんから必然的にそうなります。

イオン銀行側としてはお金を貸したくない訳ではなくお金を借りてもらわないと利息が取れず利益になりませんから、できれば貸したいわけです。

そこで答えられないような質問をしても利用者を逃がすだけですからそんな難しい質問はできず、その点は安心して構いません。

一部在籍確認が行われない場合も有る

在籍確認と言えば勤務先ということになりますが、では専業主婦が申込んだらどうなるのでしょう。イオン銀行カードローンは専業主婦でも条件次第で利用出来ますが、勤務先はありませんから在籍確認ができません。

通常こういう勤務先が無い場合には、自宅のほう電話が入る在宅確認が行われていますが、イオン銀行ではこのような場合在籍確認が省かれる場合が有ります。

絶対という保証はありませんから、あまり安心してもらっては困るのですが、専業主婦の場合には電話無しで利用できたという場合が多いので、在籍確認は無い場合も有る程度の認識はしておきましょう。

自宅に電話が有った場合でも、やはり個人名で、質問の内容は先ほどと変わることは有りませんので、あまり気にする必要はありません。

在籍確認は本人が出る必要は無い
カードローンにもよりますが、在籍確認というのは申込者がその職場に在席していることを確認するものです。ですから必ずしも本人が電話に出る必要はありません。

不在ということであれば、応対した人に申込者の在籍を確認して、在籍確認を終わるという場合もあるのです。申込者としてはちょっと不安ですが、外回りの仕事などでは、ずっと在籍しているのも難しいので助かる面も有ります。

イオン銀行カードローンの審査結果の連絡はいつ?否決の時は遅い?

在籍確認が終わったら、いよいよ審査結果の連絡を待つということになりますが、イオン銀行の場合通常14時までに申し込みの手続きを行えば、審査可決の連絡は当日中に行われることになっています。

しかし、審査というものは誰でも可決されるというわけではありません。否決になる人もいるのです。イオン銀行でも可決と否決が有りますが、この連絡方法がそれぞれ違っているので注意しなければなりません。

可決の場合には電話で連絡が有りますが、否決の場合にはハガキによる郵送になりますので、申込み当日中には審査結果は届かないということになってしまいます。つまり当日中に連絡が無ければ要注意ということになる訳です。

審査結果の連絡は原則当日中に行われる

さて気になる在籍確認も終わって、あとは審査結果が気になるところですが、最近のカードローンは最短30分で審査も契約も終わって融資が利用出来るというようなところも有ります。

ではイオン銀行カードローンはどうなのかということですが、イオン銀行の場合回答までの時間は明示されていませんが、審査結果の連絡は14時までに申込んだ場合、当日中に回答するとされています。

ただしこれは審査が順調に進んだ場合の話であって、途中で何らかの問題が有って審査に時間がかかってしまっていたり、可能性としては低いですが、申込者が殺到して審査待ちになっていたりすると、当日中の回答は難しくなります。

まあちょっとイライラするかもしれませんが、回答が来るのをゆっくり待ってください。

連絡方法は可決と否決で違い否決の時は郵送になる

ただしこれは審査が可決されるというのが前提にあります。しかし審査というのは常に可決されるわけではありません。否決になる可能性だって排除はできないのです。

可決にしろ否決にしろ当日中に回答が有るのだろうと思っていると思いますが、実はそうではありません。イオン銀行カードローンの審査結果の連絡は可決の場合と否決の場合では連絡方法が違い次のようになっています。

審査結果 連絡方法
可決 電話
否決 郵送(ハガキ)
つまり当日中に審査結果が分るとすれば事実上可決の場合ということになるのです。否決の場合には郵送での回答になりますから、回答を受け取れるのは翌日以降ということになってしまいます。

このため14時までに申込んで審査結果の回答をイライラして待っている場合でも、当日中にイライラが解消されるかどうかは分らないということになります。

またもう一つ気になるのは回答はハガキで行われるという点です。もし家族にもイオン銀行カードローンの申込みを隠しておきたいと思っている場合、審査結果の連絡は隠しておきたいものです。

したがって当日中に可決の連絡を受けられなければ、このハガキが届くまでは郵便にも気を配る必要が出てきます。こうなるとさらにイライラが募ってしまうかもしれませんね。

否決連絡の郵送は変えられないのか?

そこで申込時点で審査否決の際の連絡方法を指定することはできないのかということを考える人も多いかもしれませんが、残念ながらこういった指定はいまのところできません。

なぜイオン銀行が可決と否決で連絡方法を変えているのか良く分りませんし、あまり良い方法とは思えないのですが、いまのところ否決の場合には、郵送物に注意する以外に方法が無いのです。

カードローンの審査というのはいくら甘い審査であっても否決になる人はいます。イオン銀行の審査の難易度は他の銀行よりは甘いけれども大手消費者金融よりは厳しい程度と言われています。

したがって審査に落ちてしまう人もそれなりにいる筈ですから、審査の連絡方法については十分承知しておき、周囲に知られたくないのであれば、それなりに注意しなければなりません。

口コミ情報利用の注意
カードローンの審査については実際の経験者の情報がインターネット上に口コミ情報として多数投稿されています。最近ではこの情報を参考にしてカードローンの難易度を判断する人も多いでしょう。

しかしこの口コミ情報には必ず審査が甘いという人と審査が厳しいという人がいます。つまり、ある人にとっては審査は甘く感じられ、また別の人には審査は厳しいと感じられたということです。

ですから甘いという意見が有るから自分にも甘いとか、厳しいという意見が有るから自分にも厳しいとかの判断に利用すべきではありません。甘いと言われても自分には厳しいかもしれませんし、その逆かもしれません。

口コミ情報を利用するとすれば全体を見渡して、傾向を読み取ったうえで判断の参考程度にして、決してこの情報だけで決めないようにしたほうが無難です。

在籍確認が行われても審査否決ってあり?無いとは言えない!

審査というのは様々な手順で行われていますが、在籍確認というのはこの手順のどこかに組み込まれていることになります。ですから在籍確認が行われるということはそこまでの審査項目は通過したということになります。

このため在籍確認が来れば審査は通るという話も聞くことが有りますが、手順としては在籍確認後に審査項目は残っているのが普通で、イオン銀行カードローンの場合も在籍確認後の審査で問題が見つかる可能性はあります。

このためイオン銀行カードローンの場合在籍確認が行われたからと言っても、審査否決になる可能性は依然として残っており、審査通過の連絡が有るまでは安心はできません。気を抜かず連絡を待つようにしましょう。

審査と在籍確認の手順

審査の手順はカードローンごとに違い、在籍確認がどの時点で行われるのかもそれぞれ違います。

カードローンによっては、在籍確認は他の審査が終わってから契約前に行われることも有れば、まず在籍確認を行ってからでないと他の審査に入らないという場合も有ります。

また審査を仮審査と本審査に分け在籍確認をその間に挟むなど、在籍確認を審査中のどこかに時点で行い、在籍確認の後も何らかの審査が継続するような形になっている場合も有ります。

イオン銀行の場合も在籍確認の後も審査は継続する形で行われていると思われます。

カードローンの噂の一つとして在籍確認が行われれば、審査は通ったと思って良いというものが有ります。しかしここまでの説明で分かったと思いますが、それは在籍確認がすべての審査の後に行われる場合だけです。

在籍確認が終了してもその後の審査で問題が見つかることは有る

そこでイオン銀行の場合を考えて見ると、在籍確認が行われたということは、その時点までの審査項目は通過したということです。しかし、在籍確認以降も審査は継続するわけですから、その時点で問題が見つかる可能性も無いとは言えません。

そういった場合には、在籍確認が行われたとしても、審査は否決になってしまうことになります。

ですから噂を信じて在籍確認が行われたから、もう大丈夫だと安心する人もいるかもしれませんが、その時点では全く安心できる状況ではないということを忘れない様にしなければならない訳です。

審査可決の連絡が有るまで安心してはいけない

要するにイオン銀行カードローンであろうと、他のカードローンであろうと金融機関から正式に審査可決の連絡が有るまでは、結果については分からないということです。

このようなインターネットなどにある個人の経験談から推測されてまことしやかに囁かれている噂を安易に信じては、後になって悔しい思いをする事に繋がる場合も有るので、十分気を付けなければなりません。

またあまりにも否定的に考える必要も有りません。当日中に連絡が無かったとしても、何らかの問題で審査が遅れているというだけで、翌日には審査可決の連絡がきたという人も少なくないので、こういう場合も悲観する必要はありません。

いずれにしても数日たてばはっきりするわけですから、申込みをしたら、あまりそのことは気にせず、連絡が来るのを待てばよいのではないでしょうか。

ここでイオン銀行カードローローンの在籍確認などの審査について纏めておきます。

  • 在籍確認というのは本人確認の一環として金融機関には必要
  • イオン銀行でも原則として在籍確認が行われる
  • イオン銀行カードローンの審査結果の連絡は可決の場合と否決の場合で方法が違う
  • 在席確認が行われたからと言って審査が可決されたということではない

在籍確認は嫌われますが、周囲の人は自分が考えるほど気にしていませんから、あまり気に病まず堂々と申込みを行ってください。

閉じる
閉じる